仮想通貨取引所APIを試してみる #2 〜bitFlyer(ビットフライヤー)のAPIで板情報をブラウザで表示してみよう〜

旅へ

前回は、取引所のプライベートAPIを用いて自分の取引残高や出金履歴を見てみました。今回は、パブリックAPIを用いて板情報を取得し、Webブラウザ上に表示してみましょう。WebPackとsuperagentを用いたCORS(クロスオリジン)の問題も解決しているのでそれなりに意味のあるものになっているかと思います。今回はReactというライブラリを採用していますが、エッセンスは共通しているはずです。必要なところだけ吸収して頂くだけでも大丈夫です!
Reactの基礎についてはこちらの講座でサクッと学べます(Reactだけでも十分です)。→「最短で学ぶReactとReduxの基礎から実践まで

1. ワークスペースの作成

今回は雛形(テンプレート)を用意しましたので、こちら(https://github.com/rascal-3/cryptocurrency-api-test.git)のリポジトリにあるソースコードをコピーアンドペーストするか、Cloneしてワークスペースを作ってみてください。もしもご自身のコンピューターにNode.jsが動作する環境があり、Atom等のエディタをお使いになる場合はそちらでも構いませんが、今回もCloud9のサービスを利用したいと思います。(完成版はこちらです→ https://github.com/rascal-3/cryptocurrency-api-react-app)

“仮想通貨取引所APIを試してみる #2 〜bitFlyer(ビットフライヤー)のAPIで板情報をブラウザで表示してみよう〜” の続きを読む

仮想通貨取引所APIを試してみる #1 〜coincheck(コインチェック)とbitFlyer(ビットフライヤー)の取引履歴を見てみよう〜

旅へ

1. 仮想通貨取引所の口座を準備

今回は、仮想通貨取引所(仮想通貨交換業者)が公開しているAPIを簡単に試してみたいと思います。

ここで試してみたのは以下の2社です。口座開設は簡単だと思います(無料です)。
(パブリックAPIを用いた板情報の取得の記事(第2回)はこちら → https://racooma.com/medium/2017/09/17/exchanges-api-trial-02/)

bitFlyer (ビットフライヤー)

coincheck (コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

“仮想通貨取引所APIを試してみる #1 〜coincheck(コインチェック)とbitFlyer(ビットフライヤー)の取引履歴を見てみよう〜” の続きを読む

ICOクラウドセールへの参加方法(買い方)について

クラウドセールは暗号通貨(あえて仮想通貨とは言いません)の最初のキラーアプリであると言われていますが、ここでは一般的なEthereumベースのICO Token Generation Event, クラウドセールへの参加方法についてご説明します。(ちなみにICOとはIPOをもじったInitial Coin Offeringの略です。)

“ICOクラウドセールへの参加方法(買い方)について” の続きを読む

Bancor Network Token (BNT) 始動

Bancor Network Tokenのアクティベーションイベントは、6月22日(木) 14:00(GMT)に予定されています。これは、BNTがウォレット間で譲渡可能になり、取引所もまたそれをリストに入れることを意味します。私たちは、BNTがオンラインになった時に改めて、BNTを取り扱う取引所とともにこの記事を更新する予定です。

“Bancor Network Token (BNT) 始動” の続きを読む

Bancorプラットフォーム v1.2

デモバージョンは現在こちらで見られます app.demo.bancor.network

私たちはBancorネットワークのユーザーインターフェイスのデモを初めて世界にシェアすることに興奮しています。私たちのビジョンは、技術的あるいは経済的背景に関わらず、誰もが価値のネットワークのための流動的で実行可能なトークンを生成し管理出来るようにすることです。この記事の最後に、参考のためシンプルなHow-Toガイドと一緒にデモの一部であるいくつかの主要なプロセスの概要を説明しておきました。私たちは皆さんの考えを聞いてとても興奮しています。もっと掘り下げたいと思っている方には素晴らしいバグ報奨金を提示しています。

“Bancorプラットフォーム v1.2” の続きを読む

スマートフォンであなた自身のトークンを発行しよう

Statusに来たるBancorプロトコルのご案内

Statusブログ からの再投稿

新しい通貨システムのためのプロトコル

Ethereumの出現と進化により、トークンと分散型ビジネスモデルが登場しました。 これまでの金融的制約から私たちを解放することの他に、Ethereumは世界に対して自分のトークンを作成し配布する力を提供することにより、全く新しい連携、コミュニケーション、インセンティブの方法を可能にしています。

このための2つの大きなハードルはトークン発行であり、それは開発者にとっても、安全な方法で作成し流動性を確保することは困難です。 Bancorはここに変革を起こし、ブロックチェーン技術にまったく初めて触れる人でさえ、利益を得ることができます。

“スマートフォンであなた自身のトークンを発行しよう” の続きを読む

数学者でイスラエルBitcoin協会会長のMeni Rosenfeld 氏、Bancorプロトコルのアドバイザリー委員に就任

Meni Rosenfeld

スイスランド—2017年 4月 25日Bancorプロトコル (https://bancor.network/), 本質的にトレード可能な暗号化通貨あるいは「スマートトークン」の作成に関する基準委員会は、本日、数学者でありイスラエルBitcoin協会の議長でもあるMeni Rosenfeld氏が委員会に加わったことを発表しました。 SatoshiによるBitcoinのホワイトペーパーについて数学的観点から研究し議論を行なってきたRosenfeld氏は、Bancorのホワイトペーパーに示された概念を詳細に検討しました。

“数学者でイスラエルBitcoin協会会長のMeni Rosenfeld 氏、Bancorプロトコルのアドバイザリー委員に就任” の続きを読む

暗号通貨の「ロングテール現象」が社会に大きな機会をもたらすには

2017年4月16日付のCoinDeskが取り上げた記事より

いざという時、お金はコラボレーションツールとなります。お金は、異なる「入れ物」または価値の記録の中で、人間のエネルギー、スキルそして時間を動かします。米ドルのような国家的な価値の記録は歴史的に、政府により管理されそして銀行により配布されてきました。これはもちろん、限られた透明性と国内外の金融政策のアジェンダとともに、政治的な検討を通して行われます。当然ながらこのモデルは、理論上誰でも価値の電子記録の発行や配布を可能にするブロックチェーンデータベース技術によりもたらされたより新しい暗号通貨ソリューションに比べ、柔軟性およびアクセス性において遙かに劣ります。

“暗号通貨の「ロングテール現象」が社会に大きな機会をもたらすには” の続きを読む

コインはネットワークであり、クラウドセールはそれらの最初のキラーアプリである

私たちのチームは、昨年の8月にBancorプロトコルを構築するのを開始して以来、Ethereumについて非常に快調でした。時が経つにつれ、その理由はどんどクリアーになって来ました: もしかするとEthereunこそがキラーアプリを持つ最初のブロックチェーンかも知れないと。

我々は熟達したネットワークアプリケーション開発者のチームであり、幾年にもおよぶ暗号空間の中で、我々はお金はその利用者に様々なアプリケーションを提供するネットワークであると見做すようになりました。例えば、ソーシャルネットワークでいくつか例を挙げてみると、彼らのキラーアプリのシェアを見ていて、プロフィールページの投稿、ニュースフィード、メディア共有そしてディスカッショングループなどがそうでした。お金はもはや情報ではなく、価値を伝える経済的ネットワークと見ることが出来ます。グローバルに見ると、これは取引所を介して相互接続された様々な様態のお金(通貨)によって行われます。このグローバルネットワークもまた次に挙げるような一般的に分類できる数々の人気アプリケーションを持っています:

経験豊富な製品開発者が理解しているように、製品が牽引する力を得て切り替えのコストを正当化するためには、新しいソリューションが、既存の利用可能なソリューションと比較してエンドユーザーに大きな利点を提供しなければなりません。私たちは普段これを「10倍いいねルール」と聞いています。ブロックチェーンと伝統的な通貨の対決においてこれがどのように再現されるか理解するために、次の表で同じアプリケーションカテゴリーの注目すべき特徴を表し、それぞれのソリューションがお金の様々なアプリケーションにもたらすユニークな利点をリストアップしています。

あらゆる新しいテクノロジーの最初のキラーアプリを検証しても、残念ながら、我々はまだ明確なブロックチェーンの「キラーアプリ」の証人を得ることは出来ませんでした(おそらく一部の人々が全体のエコシステムがまだピラミッド構造であると信じているかのようなコインの売買を除いて)。明らかに、贈与、取引、貸付そして賭け事のアプリケーションに対するブロックチェーンベースのソリューションは、複雑性の増加や、鍵の損失リスク、保護者の脆弱性、価格の極端な変動、規制の不確実性、世界的な採用の限界などごく限られた分野においてのみアドバンテージを持つのです。これとは対照的に、ますますクリアになって来ているのは、資金調達アプリケーションのためのブロックチェーンソリューションは利用可能な法定通貨ベースのソリューションに比べ見張るべき大きな利点を持つということです。それは最近のICOにおける勢いは驚くべきものではなく、このカテゴリーこそがブロックチェーンの最初のキラーアプリであると見る理由です。Vinay Guptaは、この素晴らしい講演の中でブロックチェーンのクラウドファンディングの大きな可能性と深い意味を強く論じています。

興味深いことに、私たちは主にEthereumにおける勢いを得てブロックチェーンによる資金調達を目撃しています。その理由は明らかです。

まず第一に、資金調達は新しい通貨の発行を含みます。新会社の全ての株式は、非常に特異な条件下のもと取締役会によって発行される通貨です。一方で、Bitcoinはトークン発行のためのいくつかの競合する第3レイヤーを持っていますが、Ethereumはブロックチェーンレベルで標準化されたソリューションを提供しています。

これは複雑な規約を設定可能であるという第二の利点に繋がります。全てのマネーアプリケーションは通常、成功のため単純で直接的な合意を必要とします。1つの例外は、様々な保護や、ガバナンス機構および詳細な利益分配モデルを備えたカスタム契約を必要とする資金調達契約です。Ethereumは今のところ、このレベルのカスタマイズを容易に用立てることが出来る唯一のスマートコントラクトブロックチェーンです。

第三として、スマートコントラクトは新しいネットワークと、トークンベース、クラウドファイナンスの、相互運用可能な、分散化されたオープンソースのアプリケーションの醸成を可能とします。これはおそらく、開発者によるEthereumブロックチェーンの採用が何にも劣らない理由です。これは、Bitocoinの初期の勢いの重要な指標でもあり、またiPhoneやFacebookのような私たちが知る他の多くの成功したプラットフォームであったように、Vitalikとチームが非常に誇りに思うべきな否定出来ない成功シグナルを表しています。

ブロックチェーンによる資金調達には、参加者に移転可能なトークンを発行することを含みます。Ethereumにおいては、現在までに最も広く採用され、有用な契約標準としてERC20トークンスタンダードが浮上しています。我々はBancorで、次のような補完的な標準を提案していますー「トークンチェンジャー」は変換可能性の探索や価格の問い合わせ、スマートコントラクトを通じて行われるトークンの変換の実行のための一連のAPIを定義しています。トークンチェンジャー標準は、「自動マーケットメイカー」として機能する明確な標準を確立するようなブロックチェーンによる資金調達の将来的な成長と、Ethereumのエコシステム全体に広がるユーザーのためのトークン変換を効率的にするために必要なものです。これにより、既存のERC20トークンの互換性、有用性、実行可能性への全く新しい地平線が開かれるのです。

ここで “Token-Changer” EIP228 提案を読むことが出来ます: https://github.com/ethereum/EIPs/issues/228

我々はBancorプロトコルのためにこの基準を使うことを予定しています。それはERC20トークンに継続的な流動性と非同期な価格発見を提供し、取引量に関わらず取引所に上場する必要性もなくします。詳細およびコードレビューについては私たちのwebサイトhttps://bancor.network、または2月にパリで行われたEDCONでのプレゼンテーションでも見ることが可能です。

今後数十年のスタートアップについて、数十の資金調達ラウンド、いくつかの買収や失敗を経て、私たちは、数多あるブロックチェーン群れの中から解放されると期待される最初の本当のキラーアプリである分散型ファイナンスを通じて、イノベーションの波の一部となることに大いなる興奮を感じているところです。


Originally published at blog.bancor.network on April 3, 2017.