仮想通貨取引所APIを試してみる #2 〜bitFlyer(ビットフライヤー)のAPIで板情報をブラウザで表示してみよう〜

旅へ

前回は、取引所のプライベートAPIを用いて自分の取引残高や出金履歴を見てみました。今回は、パブリックAPIを用いて板情報を取得し、Webブラウザ上に表示してみましょう。WebPackとsuperagentを用いたCORS(クロスオリジン)の問題も解決しているのでそれなりに意味のあるものになっているかと思います。今回はReactというライブラリを採用していますが、エッセンスは共通しているはずです。必要なところだけ吸収して頂くだけでも大丈夫です!
Reactの基礎についてはこちらの講座でサクッと学べます(Reactだけでも十分です)。→「最短で学ぶReactとReduxの基礎から実践まで

1. ワークスペースの作成

今回は雛形(テンプレート)を用意しましたので、こちら(https://github.com/rascal-3/cryptocurrency-api-test.git)のリポジトリにあるソースコードをコピーアンドペーストするか、Cloneしてワークスペースを作ってみてください。もしもご自身のコンピューターにNode.jsが動作する環境があり、Atom等のエディタをお使いになる場合はそちらでも構いませんが、今回もCloud9のサービスを利用したいと思います。(完成版はこちらです→ https://github.com/rascal-3/cryptocurrency-api-react-app)

“仮想通貨取引所APIを試してみる #2 〜bitFlyer(ビットフライヤー)のAPIで板情報をブラウザで表示してみよう〜” の続きを読む

仮想通貨取引所APIを試してみる #1 〜coincheck(コインチェック)とbitFlyer(ビットフライヤー)の取引履歴を見てみよう〜

旅へ

1. 仮想通貨取引所の口座を準備

今回は、仮想通貨取引所(仮想通貨交換業者)が公開しているAPIを簡単に試してみたいと思います。

ここで試してみたのは以下の2社です。口座開設は簡単だと思います(無料です)。
(パブリックAPIを用いた板情報の取得の記事(第2回)はこちら → https://racooma.com/medium/2017/09/17/exchanges-api-trial-02/)

bitFlyer (ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

coincheck (コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

“仮想通貨取引所APIを試してみる #1 〜coincheck(コインチェック)とbitFlyer(ビットフライヤー)の取引履歴を見てみよう〜” の続きを読む

Bancor Network Token (BNT) 始動

Bancor Network Tokenのアクティベーションイベントは、6月22日(木) 14:00(GMT)に予定されています。これは、BNTがウォレット間で譲渡可能になり、取引所もまたそれをリストに入れることを意味します。私たちは、BNTがオンラインになった時に改めて、BNTを取り扱う取引所とともにこの記事を更新する予定です。

“Bancor Network Token (BNT) 始動” の続きを読む

Bancorトークンアクティベーションのアップデート情報

親愛なるBancorコミュニティの皆さま

Bancorプロトコルのスマートコントラクトの安全性を確保するため、BNTスマートトークンの有効化を数日後にすることになりました。数日後には、BNTはETHと交換出来、逆もまた可能となります。新規のBNTはETHで購入したときに自動的に発行され、清算時には消却されます。

“Bancorトークンアクティベーションのアップデート情報” の続きを読む

最もシンプルなBNTの価格計算シミュレーション

*** 間違った方程式を使っていました!図も挿し替え忘れていました! ***

ここで書くことは、取引所ではなくBancorの自律的な価格計算について最も単純化した例です。

公式Webサイトでも公表されている通り、Bancorの資金調達の結果は、 396,720 ETH でした。

そして、収益の20%をリザーブ(初期準備金)として立てること、発行されたBANCOR(BNT)の50%が出資者に配分されることから、まず、以下のように初期価格が求められます(クラウドセール時と同じ「1 ETH = 100 BNT」)ですが…)。

“最もシンプルなBNTの価格計算シミュレーション” の続きを読む